Netflixドラマ「ザ・ディフェンダーズ 」に登場する謎の日本人

8月18日にNetflixで「Marvelザ・ディフェンダーズ」が配信されました。
マーベル・コミックが原作の全8話で構成されたドラマ作品であり、
今までNetflixが制作してきたマーベルヒーロードラマの主人公たちが集結して戦うというストーリーです。

そのディフェンダーズの中に気になる俳優がいました。
4人のヒーローに敵対する謎の組織「ヤミノテ」の一人、ムラカミ役を演じている竹内豊さんです。


かっこよく天窓を破り中華料理屋を襲撃する竹内豊さん。竹野内豊ではない。

 

ニューヨークを舞台にしたドラマなのに何故か一人だけ頑なに日本語で喋り続ける男、ムラカミ。

何を喋ってるのかわからないという演出ではなく、英語を喋る周りの人たちに対して普通に日本語で受け答えをしながらストーリーが展開していくのです。

ハリウッド版の攻殻機動隊では北野武が「英語は下手だから」と日本語で演技することに製作側が猛反対していたようですが、ディフェンダーズに出演している竹内さんは普通に英語も喋れるのです。
つまり意図的に作品内で多国語を使っているということです。


寿司レストランでアメリカンな寿司を握っている竹内さん。

 

アメリカ人は字幕嫌いが多いので、たとえ外国が舞台でも全員が英語を話す映画を平気で作る国でした。
ソビエト連邦が舞台のミステリー映画で登場人物たちがロシア訛の英語を話していたりもしました。

しかし、映像作品のネット配信システムが普及し世界中に同時配信するのが当たり前になりつつある今、作品内の言語を英語に限定するメリットはなくなりつつあるようです。

ディフェンダーズに日本語を喋り続ける男が登場したのもそのような背景があるのではないかと思います。
今後、ドラマや映画は様々な国の言葉が入り乱れる、グローバルな作品が増えていくのではないでしょうか。

 

ちなみに竹内豊さんは映画「ラストサムライ」にも出演していたのですが、
本編ではカットされてしまいました。


トム・クルーズの目の前で真田広之に首を切り落とされる竹内さん。

 

(藤田)


映像制作の企画・制作・撮影から活用提案までをトータルサポート!

東京・渋谷の映像制作会社キックファクトリーの最新情報はコチラ!

 


Posted in ブログ | Netflixドラマ「ザ・ディフェンダーズ 」に登場する謎の日本人 はコメントを受け付けていません。