ついに360度動画がYouTubeにアップロード可能!

現在、米・ラスベガスで行われている国際家電見本市「CES2015」。(1月6日~1月9日まで)
ここでは毎年多くの企業が新製品を発表・展示していますが、今年注目されている製品のひとつに『360度パノラマカメラ』があります。

360度技術が流行り出したのは、2010年に豪・Lomography社が発表した気軽にパノラマ写真を楽しめる「The Lomography Spinner 360°(360度スナップショットパノラマカメラ)」がきっかけと言われています。
その後、各カメラメーカーは開発や販売を追掛け、どんどんコンパクトな商品が次から次へ登場しています。
Lomography

そして今や“写真”ではなく“動画”で対応するモデルもデビューexclamation
誰でも気軽に全方位動画が撮影出来る時代になってきましたグッド (上向き矢印)

中でも注目されているのはアクションカメラ「GoPro(ゴープロ)」シリーズの「360Heros」(2013年6月発売)。昨年末には水中映像も撮影できるラインナップ「360Abyss」も発表しました。現在は出荷月不明ですが、公式サイトで5,395ドルで予約が出来ます。
360Abyss

・GoPro公式サイト(日本語): http://jp.gopro.com/
・360Herosサイト:http://www.360heros.com/
・360Abyss予約サイト:http://shop.360heros.com/360Abyss-360-video-p/360abysskit.htm

次いでGiroptic社が開発した世界初のフルHD対応するカメラ「360cam」は、昨年11月リリース。最初はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で2014年の5月20日から支援金額を募集し、わずか45日で多くの支持者から141万ドル(約1億7000万)を集め、開発、そして販売まで繋がりました。

特徴として、防水はもちろん、話題のVRヘッドマウンドディスプレイ「Oculus Rift(オキュラスリフト)」にも対応し、180グラムと小型軽量、内蔵Wi-Fiで気軽にパソコンや携帯端末に配信可能ですひらめき

・360cam公式サイト:http://360.tv/

さらにさらにexclamation CES2015に於いてYoutubeが「来週あたりまでに360度ムービーに対応出来るように、我々は懸命に働いている」とThe Verge(アメリカのメディア)にコメントしており、Girotic社によればGoogleは360度動画をストリートビューにアップロードも可能にする予定とのことdouble exclamation

現在、360度対応の最新カメラは上記の他、上下左右360度の画像をワンショットで撮影できるリコー「Theta(シータ)」(2013年10月発売)などいくつか種類がありますが、今のところGiroticの「360cam」だけに対応する話までなので、今後はそれを突破し、すべてアップロードできるようになるのに期待したいですね。

ちょっと前まで、360度の写真が撮れるだけでとんでもない、と思いましたが、現在は写真だけではなく動画。そして動画を見る時によく使用するYoutubeまで対応するだなんて、考えもしなかったですねひらめき

最近コンテンツの進化が恐ろしく速いことを感じつつ、、、、これから色々なツールを利用してメッセージを発信する方法が沢山増えることにワクワクしていまするんるん (音符)

(朱)


This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.