おすすめアプリ! 〜番外編〜

今回は、アプリ制作やプロモーション映像制作の現場で、何かと入り用になるiPhone/iPad画面の録画方法を紹介します!

MacintoshのOS X Yosemiteでは、簡単にiPhone/iPadの画面を録画できるようになりました double exclamation

今までは、録画アプリを使用するのが一般的でしたが、「Disp Recorder」は、いつの間にか App Storeから姿を消し、
「RecordMyScreen」は脱獄しないとインストールできない類いのアプリであったりと、
みなさん苦労されていたかと思います…
画面を録画する行為は、そこはかとなく公式から否定されているような印象がありました…

最近ではiPhone画面をPCにミラーリングさせて録画する「Reflector」や「AIRserver」の有料ソフトを使用するのが主流になっていました。
私も「AIRserver」を使用しておりますが、
OS X Yosemiteで、お手軽にiPhone/iPadの画面を録画できるとの噂を聞き試してみました。

MacintoshとiOS端末との接続は「Lightningケーブル」が必須になります。
iPhone4sなどの旧ケーブル端末をお使いの方は残念ですが諦めてくださいな うれしい顔
心中お察しいたします 泣き顔

今回はiPad4(iOS 7.1.2)を手元に用意。
さっそく接続してみましたがうまくいかず…
iOS 8.1.3にアップデートしたところ、うまくいきました!

それでは録画手順です。
まずQuickTimePlayer(10.4)を起動。
メニューバーから「ファイル」→「新規ムービー収録」を選択します。

nakamoto01b

ムービー収録ウィンドウが開きますので、
赤い録画ボタンの右横にあるプルダウンメニューから、
カメラ項目にあるiPadとマイク項目にあるiPadを選択します。

nakamoto02b

iPadの画面が表示されますので録画ボタンで録画スタート exclamation

nakamoto03

再度、同じボタンを押し録画を停止させ、保存して完了です double exclamation

びっくりするほど簡単です double exclamation
良い時代になりましたね〜 わーい (嬉しい顔)

保存の際に画質設定がありますが、詳細な設定はできないようです うれしい顔
今回の録画データの画面サイズは、高画質で900×1200pxとなっていました。
iPad4のディスプレイサイズが1536×2048pxですので、同サイズで録画できると嬉しいのですが… 涙
まぁ、お手軽ですし仕方ないですね。

YouTubeやニコニコ動画用でしたら十分なサイズだと思います。

みなさんも是非試してみてくださいな。

(中本)