やっぱり日本のアニメが熱い!!

日本のアニメ産業は国内に留まらず、政府が掲げる「クールジャパン」の主力コンテンツとして世界中で認められている事実は既にご存知の通りかと思われます富士山

そんな中、株式会社ドワンゴと「新世紀エヴァンゲリオン」監督庵野秀明氏の株式会社カラー(スタジオカラー)の共同プロジェクト、「日本アニメ(ーター)見本市」が2014年の11月より始動しました走る人

■ドワンゴとカラーの共同プロジェクト「日本アニメ(ーター)見本市」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1410/27/news044.html

【日本アニメ(ーター)見本市】http://animatorexpo.com/
オリジナル企画・スピンオフ企画・プロモーション映像・MusicPV・VJFilmetc…
ジャンルを問わず愛と勢いで創りきる数々のオムニバスアニメーション
期間、予算等を制限した中での企画開発、R&D、人材育成、自由な創作の場として
この先の映像制作の可能性を探るWEB配信アニメーションシリーズです。

題字に宮﨑駿氏を起用するなど、庵野氏ならではとは言え、日本のアニメを語る上では説得力が有りすぎるプロジェクトスタッフパンチ
さらに、毎週金曜日に更新される各作品の監督には気鋭の新人、第一線で活躍する現役アニメーター、業界を牽引した大御所といった、ファンならずとも魅力溢れるラインナップで企画されていますぴかぴか (新しい)

まさに、日本のアニメクリエイター達の本気が伺える「日本アニメーションの可能性を探るプロジェクト」となっておりますdouble exclamation

各監督が自由に表現するこれらの作品映画
様々なアニメーション技法を使用しながら制作されておりますが、中でも2月6日に公開された最新作「evangelion:Another Impact(Confidential)」は、実写映像とも見紛う3DCGI技術で人型兵器エヴァンゲリオン(「無号機」という設定)が描かれています。

『アップルシード』などで知られる荒牧伸志氏が監督という事もあり、その品質は納得と言った所ではあるものの、それでも「今の日本でもこれが出来る技術があるのか!」と思わさせるCGクオリティーは一見の価値アリな仕上がりですdouble exclamation


「evangelion:Another Impact(Confidential)」トレーラーです。本編は是非公式サイトにて!

また、毎週月曜日には最新作の制作スタッフを招いて解説を行う動画をニコニコ生放送で配信しているので、併せて観れば面白さ倍増ですね満室・満席・満車

【日本アニメ(ーター)見本市-同トレス- 】http://live.nicovideo.jp/watch/lv204660654
※過去作品の解説動画はこちら http://ch.nicovideo.jp/animatorexpo

さらにさらにexclamation 「日本アニメ(ーター)見本市のオープニング映像」を一般公募し、新たなるアニメーターの発掘も行っていますサーチ (調べる)

【日本アニメ(ーター)見本市OP】http://goo.gl/8tuWRo

この「日本アニメ(ーター)見本市」では、庵野氏曰く30作品くらい準備しているとの事ですので、まだまだ驚きの企画が待っている事でしょう。
もしかしたら、あの監督やあのアニメーター(まさかあの漫画家とかexclamation and question )が登場するかもしれません目 揺れるハート

これからの新しい日本のアニメ業界の発展に期待してみましょうdouble exclamation
(そしてエヴァの新作は気長に期待してみましょう…眠い (睡眠)

(石井)