ファイル変換どうしてますか?

「書類をPDFに変換しといて」

「メール用にpngをjpgに変換しといて」

「動画データをwmvに変換しといて」

などなど・・・
「このデータを◯◯に変換しといて」と頼まれること、ありますよね。

大した作業ではないのですが、状況によっては結構手間だったりするときがあります。
アプリ立ち上げたり、マシーンを変えたり・・・etc。
でもそこは、サラっとおこなって、社内で「出来そうな男」をアプローチしたいものです。

そこで今回はファイルの変換をまとめて行う事ができてしまうサイト、
「CloudConvert」をご紹介します。

「アプリケーションではないの?」と思いました?
なんとサイト上で行えてしまうのです。

では、ご紹介!
一見しますと何が出来るのか良くわからない感じなのですが・・・

001

なんと12ジャンル、合計205もの形式に対応しています!(2015年2月現在)

002

操作も簡単で、ファイルをドラッグ&ドロップで出来たりしますので、
英語のサイトではありますが、それほど悩むことは無いはず。

日本語ファイル名も大丈夫そうです。
早速、私の業務では使用頻度の高い動画変換を試してみました。

003

ビデオの書き出しはプレビューの用途などで頻度の高い
「H.264」「mp4」「wmv」等が利用できますので、こちらも問題無し!
もちろんビットレート等の設定も可能!

そしてもう一つ気になるのが、元データのコーデック。
そこで、一般的に良く使うであろうコーデックのデータを使って試してみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■使用コーデック
・Prores422HQ
・HQX
・DNxHD

■変換コーデック
・mpeg4
・H264
・wmv

■結果
・ProresHQ:H264書き出しエラー
・HQX:全て書き出しエラー
・DNxHD:H264書き出しエラー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という結果になりました。
MACでProresをWMVに変換したい時は使えそうです。

「CloudConvert」を利用した変換の流れをまとめました。

(1)ファイルを選択(ドラッグ&ドロップ可)
(2)書き出すコーデックを選択
(3)アップロード(サイト側)
(4)書き出し(サイト側)
(5)ダウンロード(その他にdropboxなど)
004
となります。
ファイルのサイズが大きいと(3)(4)に時間がかかります。
そこはソフトウェアとの大きな違いですね。

アップロードの制限もあります。
・1日10ファイル、
・1ファイル100MBまで

ただし、無料のアカウントを作成してログインすると。
・1日25ファイル、
・1ファイル1GBまで

もはや、申し訳なくて寄付でもしてみたくなってしまいそうです。
そんな方にはアップロードの容量に制限のない有料版もございます。

便利そうだなと思った方は是非一度お試し下さい。

「CloudConvert」
https://cloudconvert.com

(伊東)