中国の小米科技(シャウミカージー)がアクションカメラ「小蟻相機(シャウイシャンジー)」を発表!

中国の大手企業「小米科技(シャウミカージー)」は3月2日に公式サイトでアクションカメラ「小蟻相機(シャウイシャンジー)※日本ではYi Action Cameraと呼ばれてます」を発表しました。

スクリーンショット 2015-03-11 11.18.38写真元:小蟻相機公式サイト

小米科技(シャウミカージー)は最近2,3年話題になった中国企業です。2010年4月6日雷軍(レイギュン)が北京で本社を立ち上げました。雷軍(レイギュン)はもともと中国最大のソフト開発販売会社金山軟件(ジンサンズウァンジェン、日本語ではキングソフトと呼ばれています)にCEOとして勤めていて、周りに信頼や一緒に創業したい仲間8人を集め、小米科技(シャウミカージー)という名で2010年に幕を開きました。

114441303_11n写真元:小米科技公式サイト

2011年8月16日に北京でMI-Oneの携帯電話を発表しました。ユーザーが一番多いAndroidをベースにしたスマートフォンで、デザイン性の高いハイスペック端末なのに、価格は抑えている所がとても魅力的です。発売してから、中国の若者の中で人気になり、ネットで口コミを広がって、アジア圏で話題になりました。最初は中国国内しか販売してないため、一時期にわざわざ中国に行って携帯を買うブームもありました。

Xiaomi-M1-Mi-One-Youth写真元:小米科技公式サイト

会社方針として、年間は1機種のみ発売し、オンラインコミュニケーションを重視することはもちろん、その他に携帯電話だけではなく、小米TV、テレビボックス、ルーター、タブレットなど色々な商品開発に力を入れていて、「中国アップル」と称されています。

dbpix--smartphone-articleLarge写真元:紐約時報中文網

そして今回「小米科技(シャウミカージー)」が発表したアクションカメラ「小蟻相機(シャウイシャンジー) 」は72gしかない軽さに、1,600万画素のソニー製Exmor R BSI CMOSイメージセンサーを搭載し、155度の広角レンズ、メモリは64GB、しかも40mの防水も対応出来ます。外観は60.4mm×42mm×21.2mmで普通のマッチとほぼ同じ大きさです。機能として、動画だけではなく、写真・スローモーション動画も撮影が出来るので、とても魅力を感じます!!

201503021630081写真元:小蟻相機公式サイト

そのほか、同じアクションカメラとして有名なブランド「GoPro」ととても似ていることで話題になっています。ほぼ同じく小さいわりに、機能はGoProより一層優れた搭載がついていて、しかもGoProより半額以下の値段で買えちゃいます!!!

150304_yi_GoPro写真元:PRONEWS

形がほぼ一緒ということで、あるユーザーはGoProのアクセサリーを小蟻相機(シャウイシャンジー)に付けてみました。そして、びったり嵌ったことが判明しました!!!!!

スクリーンショット 2015-03-11 12.11.25写真元:Yahoo奇摩

それは最初から狙ったか、偶々なのかは不明ですが、GoProのアクセサリーが使えることで、また一層便利さがアップしていますね!!

一つだけ不足を言おうとしたら、光学式手ぶれ補正機能(OIS)がついていないのが致命的です。でも手頃の値段の所を考えれば、試し的に購入してみたいです!今は中国国内しか販売していないけど、早めに日本にも購入出来るといいですね!

現在は白と緑2色があり、そのままカメラだけは399中国元(日本円は7,730※2015年3月11日レート)自撮り棒を付けるとプラス100中国元、499中国元(日本円は9,670※2015年3月11日レート)で販売していますよ〜〜

スクリーンショット 2015-03-11 11.51.38写真元:小蟻相機公式サイト

ちなみに、中国の公式サイトで見たら、在庫がないと書かれています….相当人気ですね!!www

小蟻相機(シャウイシャンジー)公式サイト:http://www.mi.com/yicamera/

 

(メイ)