Tunderboltブリッジ

最近昼間は暖かく夜は寒いという一番苦手な時期がやってきました。
家を出る「明け方」は寒いのでコートを来て出社するも、
渋谷に着く頃には浮いた存在になっている的な・・・。

さてGWということもあり、workflowなどをちょっと考え直そうかと思います。

案件が重なってしまうと数台のマシンを行ったり来たりになってしまい面倒です。
ファイルの管理が難しくなってしまうことも。

ファイル管理用のサーバーがそろそろ必要でしょうか。

いろいろと機材も揃えやすくなってきたので、
ファイルサーバーでデータの管理を行いたいです。
思い切って10Gでネットワークを構築できないか模索していたところ別の手段が!

それが、Thunderboltによるネットワークの構築。
調べてみたらOS10.9から「Thunderboltブリッジ」という機能が使えるようになってました。

簡単に説明しますと・・・
PC間のデータのやり取りを以前はLANケーブル等で行っていましたが、thunderboltケーブルで出来てしまう。
しかもリンク速度は10Gbit/秒で!
これならある程度のファイルならサーバーに直接アクセスして作業が出来てしまうのでは。
実際に検証が必要なので、調べたら追記します。
thunder_img
しかし、ここで個人的には残念な問題も。
僕のメインマシンがWindows・・・。
この際なのでThunderbolt対応のマザーボードに変更を考えたのですが、
どうやらwindowsではまだドライバーが対応してないそうです。

取り急ぎ現状はwindowsをレンダリングマシンと割り切ってしまうのもありかもです。
そうなると僕のサブはimacだけどメイン用にmacproが必要になるのでは!
workflowよりも先に違うflowを考えなくては・・・。

伊東