追悼:憧れの舞台女優「横町慶子」

3月28日、突然の訃報。
劇団ロマンチカの看板女優として活躍された横町慶子さん(48)が17日に亡くなられたそうです。

信じたくないけれど本当のようです。
カッコ良くて、ほんとに美しい人で、憧れの女性でした。
仕事中もロマンチカ時代の美しい彼女の姿が頭から離れない・・・

仕事を終え帰宅するや否や部屋にある「ロマンチカの夜」というDVDを探し出し鑑賞。
2003年に発売されたロマンチカのパフォーマンスを見ることが出来るファン必携の貴重な1枚。
「久々に観たけど、やっぱりカッコいい・・・綺麗・・・」

yokomachi keiko_LA NUIT DE ROMANTICA yokomachi keiko solo actyokomachi keiko solo act2

女子美の学生を中心に1986年に結成されたロマンチカ。
林巻子さんが演出を行うガーリーショーの草分け的女性パフォーマンス集団です。
コケットリーな林巻子さんによる演出と、洗練されたストリップティーズな女体のアート作品。完璧なまでの美的センスに、”さすが女子美!”と 衝撃を受けた方も多いかと思います。

美人揃いのメンバーのなか看板女優として活躍された横町慶子さんは、1989年から2013年までロマンチカに所属し、ほぼ全ての演劇・ダンス作品にてメイン出演し振付を担当しておられました。彼女が舞台に現れるとその圧倒的な美しさと存在感で瞬時に観客を虜にする”華”のある女優さんでした。

ほかにも、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏が主宰する人気劇団「ナイロン100℃」の公演「すべての犬は天国へ行く」「世田谷カフカ」などに出演。
映画「ハードラック・ヒーロー」(監督:SABU)、「奇妙なサーカス」(監督:園子温)をはじめ、テレビドラマやCMなど映像のほうでも活躍されました。

しかし2010年に脳梗塞で倒れ、左半身不随となってしまいます。
それでも女優としてステージに立ちたいという執念で3年間のリハビリを続け歩けるまでに回復すると2013年にソロ公演『生命の泉は汝とともにあり』で舞台復帰。
2014年にはコンテンポラリーダンサーの白井剛氏と『Liebesträume~愛のオブジェ~』を成功させました。なんという「女優魂」でありましょう。

liebestraeume_02 liebestraeume_01 liebestraeume_03


親交の長かったケラ氏が、横町さんの死を悼む以下のコメントをTwitterに投稿しています。

「すべての犬は天国へ行く」のキキ役(絶品だった)はじめ、10を超える舞台に、キャスト、コレオグラファーとして参加してもらった。それらは殆どが横町にしかできぬ作業だったし、感謝してもしきれないけれど、俺が今最も評価したいのは発病後の活動だ。

半身不随の状態で作られた作品群は、それ以前の作品とは全く質を異にする舞台だ。
ロマンチカ時代の美意識でいうと『かっこ悪い横町慶子』だったかもしれない。

しかし、壮絶な格闘の中で創り上げられたこれらの作品は、彼女が半生をかけて行ってきた表現活動の蛇足なんかでは、決してない。


48歳という若さで突然すぎる死が悔やまれます。
精力的にリハビリを続け舞台に上がり続けようとした横町慶子さんに敬意を。
そしてあなたの美しさは忘れません。
どうぞ、どうぞ安らかに。

 
最後に・・・
YouTubeでロマンチカの映像を探しても皆無です。
セニョール・ココナッツのPVと、DJツッチーfeat.曽我部恵一氏のPVに横町慶子さんが出演されていますのでそちらを貼っておきます。

DA DA DA / Señor Coconut(2008)

カフェインの女王 / TSUTCHIE feat. 曽我部恵一(2002)

(杉澤)