ネットカフェで「VR」体験!

前回ご紹介した “ネットカフェで「VR映画」体験” に引き続き、手軽に体験できる “VR” をご紹介します。

2016年10月13日(木)、ついにPlayStation®VRが発売になりました。
Galaxy Gear VRの新型も11月10日(木)に発売され、活気づくVR市場。
続々とVRコンテンツや新たなVRヘッドマウントディスプレイが開発されています。

今回ご紹介するのは、PC向けのヘッドマウントディスプレイ “HTC Vive”。
“Vive”は台湾のスマートフォンメーカーであるHTC社と、PCゲームプラットフォーム “Steam”の運営会社Valve社が共同で開発したバーチャルリアリティシステム。

“Steam”は、アクティブユーザー数1億5000万人を超える怪物級のPCゲームプラットフォーム。
PCゲームファンでその存在を知らない人はいないでしょう。
期待度の高いヘッドマウントディスプレイのひとつです。

独特な形状をした直感的な ”SteamVRコントローラー” とセンサーで空間を管理する”ルームスケールVR”が大きな特徴の“HTC Vive”。

そんな“HTC Vive”を体験できるのが、蒲田にあるインターネットカフェ「自由空間NEXTカフェ 蒲田西口店」。
JR京浜東北線 蒲田駅 西口を出て、目と鼻の先です。

自由空間NEXTカフェ 蒲田西口店には、VRスタジオ1とVRスタジオ2と呼ばれる部屋があり、VRスタジオ1は2m×2mのルームスケールで “HTC Vive” を楽しめます。

VRスタジオ2は、VRライドマシン”SIMVR”に座り “HTC Vive” を楽しめる部屋になっています。
このほか “HTC Vive” を完備した個室が7室あるそうです。

まずは個室で “HTC Vive” を体験。
部屋に入ると、、、
ありました! HTC Vive!

img_3768img_3770
HTC Vive 本体とルームスケールのセンサーですね。

img_3771
こちらが専用のSteamVRコントローラー。

個室は狭いため “The Lab”というVR初体験者向けのコンテンツしか遊べないようです、、、
“The Lab” では8本のVRコンテンツを体験できます。
そのほか “VRカノジョ体験版” という、素敵コンテンツもあります。

さっそく、PCでVRアイコンをクリック。
ログインすれば、そこはもうVRの世界です!
アカウントは、お店のSteamアカウントでも自分のSteamアカウントでも、どちらでも楽しめます。
部屋の入れ替え時にお店側でPCを初期化するそうですが、心配な方はお店のアカウントを使用するのが良いでしょう。

img_3776
ヘッドマウントディスプレイを装着する際はこんな感じで専用マスクを着用します。
おでこに汗をかくので忘れずに。

専用マスクをつけた後、ヘッドマウントディスプレイを目の位置に押し当ててから、ベルトで固定するとマスクがズレず、スムーズに装着できます。

20161119110929_1
実際に握っているコントローラーと同じ形状のものが画面にも表示されます。
実際に持っている位置と画面内での位置にズレがなく、ストレスを感じません。

20161119111012_1
奥で光っているサークルをトリガーで選択すると、その場所まで移動します。

20161119110349_1
ひとつ目のコンテンツは、とにかく見渡す限りの絶景。
狭い範囲ですが岩場を移動することができます。

20161119111156_1
犬みたいなのが歩いてました、、、

20161119111431_1-2
The Labの8本のコンテンツがこちら。

#1 ポストカード
#2 スリングショット
#3 ロングボウ
#4 XORTEX26XX
#5 シークレットショップ
#6 ロボット修理
#7 太陽系
#8 人体模型

20161119112625_1
中でもオススメは「#3 ロングボウ」。
攻め入る敵を弓矢で倒して、城を守るVR版タワーディフェンスゲーム。
片手で弓を握り、もう片方の手で矢を引っ張り放つ。
矢を引く加減で距離を調整します。
実際に自分の腕の動作で矢が飛んでいき、それが命中した時は何気に爽快です、、、
わりとハマります、、、
ただ個室は狭く、夢中になると壁に手が当たってしまいますので注意が必要です。

ちなみに、
VRは30分程度楽しんだら、10分〜15分程度の休息を取った方が良いと言われています。
また13歳未満の子どもの使用は控えた方が良いそうです。

お次は予約していたVRスタジオ1です。
こちらは2m×2mですので、広くはないですがある程度、自由に動けます!

img_3781 img_3778
こんな感じです。
オペレーターとして店員さんが横についてくれるので、操作方法など気にせず楽しめます。

VRスタジオ1では、個室と同じ The Lab のほか、下記の3本のコンテンツが楽しめます。

・ティルトブラシ
・ピンポンリーグ
・マブラブVR

ティルトブラシは、VR空間でのお絵かきが楽しめます。
ブラシを動かすことで、空中に絵を描くことができます。
ブラシの種類により、エフェクト効果のついた線があったりと、、、
地味ですが以外と面白いです!

ピンポンリーグは、ちょっと難易度が高いゲームです。
片手に持ったラケットで玉を打つだけですが、タイミングやラケットの角度が難しく思った方向に飛んで行きませんでした、、、
次回、再挑戦です、、、

マブラブVRは、ゲームコンテンツではありません。
人類が操る人型兵器と地球外起源生命体「BETA」との戦いを描く、人気ゲームコンテンツ「マブラブ」の世界を間近で楽しむコンテンツ。
巨大な人型兵器や巨大な地球外起源生命体が動きまわる様子は、「マブラブ」を知らなくてもVRの面白さを充分に体験できるコンテンツです。

VRスタジオ1の利用時間は30分。
余った時間は、個室でも体験できる「ロングボウ」をひたすら楽しみました。
個室とは違い、ある程度動けるのでスコアも上がり大満足!

この後、VRスタジオ2のVRライドマシン”SIMVR”を体験したかったのですが、他のお客さんが利用中でしたので諦めました、、、
次回は “VRスタジオ2”を体験したいと思います!

Virtual Reality – SteamVR featuring the HTC Vive

蒲田にあるインターネットカフェ「自由空間NEXTカフェ 蒲田西口店」は、
JR京浜東北線 蒲田駅 西口を出て、目と鼻の先。
蒲田で終電を逃した際にオススメです。

(中本)


This entry was posted in ブログ and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.