クラッシャージョウが4Kで蘇る

僕が幼少のころに見た「クラッシャージョウ」が高画質で蘇る。

クラッシャージョウとは何か?
『クラッシャージョウ』は、高千穂遙作のSF小説のシリーズ。
1970年代後半から1980年代前半にかけての日本のスペースオペラを代表する小説である。
挿絵は安彦良和が一貫して手がけている。
1979年に漫画が、1983年に劇場用アニメーションが、1989年にOVAが作成された。
(Wikipediaより)

原作の高千穂遙といえば、クラッシャージョウはもちろんのことそのほかにも
ダーティーペアなど日本初の本格的なスペースオペラ作品を書いた作家として
知られている人物。
原作小説は77年に第1巻が刊行されてから現在も続いている。
そして、安彦良和といえば、ガンダムのキャラクターデザインでも有名な人物。
そしてこのクラッシャージョウでは、監督、脚本、作画監督、キャラクターデザインを
安彦良和が手がけている。
sid0014707_fhds

僕が最初に見たのは、当時10歳の頃。
兄と一緒に劇場に行って観たのを覚えている。
当時は、同時期に宇宙戦艦ヤマトや幻魔大戦など見たいアニメ映画が多くあり
どれを観るか兄と一緒に悩んだものだ。(結果的に全部見たのだが・・・w)

クラッシャージョウの舞台は2160年の宇宙空間。
恒星間飛行を開発した人類は、数多くの太陽系に植民して惑星国家連合「銀河連合」を
形成するまでになった。
その宇宙時代に、クラッシャーと呼ばれる、惑星改造(テラフォーミング)を始め
「宇宙の何でも屋」として活躍する職業集団が登場。
クラッシャーは犯罪以外なら報酬次第でどんな難事でも引き受けるため、
人によっては“荒事さえやるならず者”と見ることもある。(Wikipediaより)

そんな30年以上も前の作品が高画質になってBlu-rayで発売されるというのだから
ファンにとってはたまらない情報だ。

クラッシャージョウ Blu-ray&DVD比較映像

収録内容:劇場版「クラッシャージョウ」(4Kリマスター)
OVA「クラッシャージョウ―氷結監獄の罠―」(2Kリマスター)
OVA「クラッシャージョウ―最終兵器アッシュ―」(2Kリマスター)

僕の中では80年代のアニメを代表するひとつとも言える作品。
久しぶりに観たくなってきた!!
う~~ん、これは買うしかないかなぁw

古谷

アニメ「クラッシャージョウ」公式サイト
http://www.crusher-joe.net/


This entry was posted in ブログ and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.