AEプラグイン「Particle Builder」のご紹介
インストール編

AfterEffects用のプラグインpixflow「Particle Builder」をご紹介します。
今回は「インストール編」です。

このプラグインはParticularの補助ツールになります。
まずはデモを見てください。

実際ここまでサクサクは使えないというのが個人的な見解ですが、
それでもあると便利です。

インストールの前に下記の点に注意してください。

<単体では動作しません>
「Trapcode Particular(パーティキュラー)」が必要です。

<フリー版で必ず試して>
仕上がりの質が良いだけにかなり負荷が高いです。
使用してるマシンで動作するか確認をした方が良いです。

<AE英語版で起動がおすすめ>
エクスプレッションの関係なのか、AE日本語版は一部の機能でエラーが出ます。
すいません、MAC版では検証を行ってません。

以前まではParticle Builderのみだったのですが、新しいバージョンから「Motion Factory」というシリーズの1部になりました。
Motion Factoryは3つの機能で構成されてます。

・Particle builder
パーティクル効果。有料の追加機能で更に効果を増やせます。

・ActionFX Builder
爆発などのアニメーションシェイプがいくつかあります。色の変更ができます!!

・Type Builder
テキストアニメーション効果

それぞれの機能に「Gear」と呼ばれる有料の追加機能があります。こちらをを今後リリースしていくという最近のプラグインでよくみられるパターンです。

インストールは簡単です。
まずはコアとなるMotion Factoryをインストール

こちらからダウンロード
http://pixflow.net/products/motion-factory/download.html

インストール後AEを起動し、「ウィンドウ」>「機能拡張」>「Motion Factory」を選択。

ウィンドウがちゃんと表示されれば完了です!!
試しに適当に文字レイヤーを作って効果を試してください。

例えばこんな感じ。

これで動作すれば問題ないです。

調整は2通りあります。
ひとつはこちらの調整レイヤーから。

もうひとつはセッティングパネルから・・・。

エラーが出てしまいました。

強制的に終了させるしかありません。
注意事項にあった英語版での起動の問題です。

英語版でAEを起動するとこのようになります。

調整レイヤーと内容は同じですが、こちらの方が見易いです。

なお、AEの英語起動に関しましてwindowsの場合。
「ドキュメント」フォルダに空のテキストファイルを作り、
『ae_force_english.txt』というファイル名にすると英語起動します。
日本語で起動させたい場合はファイル名の語尾に「_」などを付けると便利です!

今回はここまでです。
次回は使用方法をご紹介します!

(伊東)

映像制作の企画・制作・撮影から活用提案までをトータルサポート!
東京・渋谷の映像制作会社キックファクトリーの最新情報はコチラ!