ポラロイド復活の日

2007年AappleがiPhoneを発表して以降、我々の生活は間違いなく変化しました。
通話やメールのみならず、音楽や読書、ゲームに映画まで、あらゆるものがスマートフォンで持ち歩けてしまう現在、わざわざ音楽を聴くためにプレイヤーを別に持ち歩く人はほとんどいないのではないでしょうか。

また、スマートフォンのカメラ機能が向上したことで、ちょっとした写真を撮るぐらいなら、わざわざデジカメを使わなくなった人も多いと思います。

しかし、デジタル化が進む現在でも実はまだフィルムカメラ市場はしぶとく生き残ってたりします。
富士フイルムが発売しているインスタントカメラ、instaxカメラ(いわゆるチェキカメラ)は2007年を境にむしろ販売台数を伸ばし続けており、2016年度は660万台も売り上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSが普及し、写真を気軽に人と共有できるようになったことで、一周回ってフィルム写真に価値が出てきたのかもしれません。

そんな中、今年の9月にとあるニュースが発表されました。
なんとあのインスタントカメラの代名詞、ポラロイドが復活するのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポラロイドがインスタントカメラ事業から撤退したのは2008年。

撤退が決まったその時、ポラロイドフィルムの消滅を阻止するべくImpossible Project社がポラロイドカメラ用のフィルムを製造していた工場をリース契約しポラロイドフィルムの生産を行ってきました。

そして今年の春、Impossible Project社の株主がポラロイドブランドを買収し名実ともにポラロイドが復活したのです。

 

 

 

 

 

 

 

One Step 2という名前からもわかるように、ポラロイドといえばこれ!という感じのデザインになっています。

発売日は10月15日、日本では11月から販売スタートですがEUのショップでは日本向けにも販売を行っていますので一日でも早く手に入れたいという方はそちらから購入するのもいいかもしれません。
送料が5000円ぐらいかかりますが…

フィルム代金は8枚入りで2000円とちょっとお高い値段ですが、そのぶん一枚一枚の写真が特別なものになると思います。

興味のある方は是非チェックしてみましょう。

(藤田)

映像制作の企画・制作・撮影から活用提案までをトータルサポート!
東京・渋谷の映像制作会社キックファクトリーの最新情報はコチラ!