スマホで手軽に写真プリント

タカラトミーから発売されたプリントスをご存知でしょうか?
スマホの写真を手軽にチェキ用フィルムに印刷できるアイテムです。

今までにもインスタントフィルムに印刷できるアイテムは存在していましたが、
どれも値段が2万円以上しましたがプリントスはなんと3,700円(税抜)です。安いです。

使い方は簡単で本体の上にスマホを乗せてシャッターを切り、ダイヤルを回してフィルムを取り出すだけです。

値段が安い分だけ作りもシンプルなのできれいにプリントするにはコツをつかむ必要があります。

明るい写真をプリントする場合スマホ画面の明るさを少し下げないと白飛びしてしまったり、人より背景が明るい場合は人が暗すぎて見えなくなったり、ダイアルを回すときにフィルムが排出されるまで一定速度で回し続けないと現像液の広がりにむらが出来てしまい、フィルムの両サイドに白い点が出てきたりします。

・失敗した例

両サイドに白い点に関しては商品上の仕様のようなものなのですが、どうしても気になるならシャッターを切った後に本体を畳んでからダイヤルをしっかり掴んで固定しプリントス自体を回転させたり、レンチなどでダイヤルを挟んで回すなど、とにかくフィルムを排出しきるまで一定速度でダイヤルを回転させ続けることでむらのない写真ができます。

・プリントスの友、モンキーレンチ

 

プリントするたびに本体を回したりレンチを用意したりするのは面倒なので、プリントスver.2が出るときはダイヤルに折り畳み式のハンドルをぜひとも付けて欲しいところです。

もしキレイなチェキ写真を安定してプリントしたいならもっとお金を出してinstax SHAREなどを買ったほうがいいのだと思います。

しかし、アナログな製品ならではの味と技を追求するのもまた面白いのではないでしょうか。

プリントスで使用するインタックスのフィルムは10枚入りのパックの定価が税込み792円です。
ポラロイドカメラユーザーからするとこの値段設定は死ぬほど安いので気軽にじゃんじゃん遊べます。

 

プリントスはかなりの人気商品のため現在は品薄で入手するのが難しいようです。
興味がある方は見つけ次第購入したほうがよさそうですね。

(藤田)

映像制作の企画・制作・撮影から活用提案までをトータルサポート!
東京・渋谷の映像制作会社キックファクトリーの最新情報はコチラ!