ロモグラフィーのフィルムスキャナを使ってみた

富士フィルムの白黒フィルムが生産終了とのニュースを受け、今の内にいくつか買っておこうかなと思いビックカメラに行ったところ面白い商品を見つけてしまい、思わず購入してしまいました。

それがこちら、ロモグラフィーのスマホ用フィルムスキャナです。
スマホを使って簡単にフィルムをデジタルデータかできるというアイテムで、2013年にキックスターター資金を集めて開発した商品なのだそうです。

さくっと購入して早速フィルムを撮影してみました。
本体にスマホとフィルムをセットするとこんな感じになります。

あとはフィルムを送りつつロモグラフィーのカメラアプリで撮影していきます。
ちなみに使用したフィルムはフォマパン200というチェコの白黒フィルムをコーヒーを使って現像したものです。

使用中の画面を録画してみました。
明るさやコントラストをいじれるのでお好みの写真に調整できます。

こうして撮影した写真がこちらです。

本格的なフィルムスキャナの画質にはほど遠いですが、なかなか味のある画像になりました。

 

ちなみに写真屋に持ち込んでスキャンしてもらった写真と並べるとこんな感じです。
使用したフィルムは富士の白黒フィルム、ACROS100です。

 

 

 

どちらが写真屋でどちらがロモスキャナかは言うまでもないほどに、比べてみると一目瞭然ですが、そもそも比べるものじゃないですね。
実は富士の白黒フィルムは画質が綺麗すぎて余り好きじゃなかったりするのですが、ロモのフィルムスキャナーを使用することで画質が荒れて、ちょっといい感じの写真になってる気もします。

 

何枚かスキャンしてみましたが、フィルムの送りも画像の調整も全部が手動での作業の割りには結構さくさくと取り込んでいけました。

手元にフィルムが沢山あるという方にはなかなか面白いアイテムじゃないかと思います。

(藤田)

映像制作の企画・制作・撮影から活用提案までをトータルサポート!
東京・渋谷の映像制作会社キックファクトリーの最新情報はコチラ!