ピーカン

快晴のこと。もともと映画の撮影用語で語源は諸説ある。 1. 快晴の空の色がタバコのピース缶の濃紺のパッケージの色と似ていたから。 2. 快晴の日にはカメラのピントが完全に合うことから。 3.オペラ・蝶々夫人の第2幕のアリア「ある晴れた日に」を歌いながら蝶々夫人が待つ人物の名前がピンカートンなので、そこから晴天のことをピーカンと呼ぶようになった。 4.太陽がカンカンに照りつけ、あまりの天気の良さに喜んだヒバリがピーピー鳴いていたから。 5.太陽の光が「ピーンと届いてカンカン照り」を省略した。 6.完全な状態を意味するパーフェクト・コンディション(perfect condition)を省略してパーコン→ピーカンになった。

ご相談・無料お見積りもお気軽に! TEL 03-3406-7021 営業時間 10:00~18:00 定休日 土日・祝日