米澤 威

米澤 威

Takeshi Yonezawa

Craftsman(レザークラフト)

Profile
Birthday:1981年1月25日
Blood type:A

2004年頃より趣味でレザーカービングを始め、その後シェリダンスタイルカービングと運命的に出 合う。独学にも限界を感じ始めた頃から、国内外のトップカーバーの講習会に多数参加し、さまざま なカービング技術や技法を意欲的に学びながら独自のスタイル確立を模索する。
(Taka Otsuka, Clinton Fay, James F. Jackson, David kawamura 他、講習順)
近年、本場アメリカのレザーコンテストへの参加も積極的に行っている。独特の力強さと、止まらずに流れ続けるスピード感溢れるカービングスタイルには定評があり、一針一針縫い締められていく縫い目には、美しさと強さが兼ね備わっていると評価が高い。
また、自身がミュージシャンでもあるため、ギターストラップやピックガードなども手掛け、カルロス・サンタナ、PRS Guitarsのポール・スミス氏など、国内外のミュージシャンからも制作依頼を受け、好評を博している。2012年、馬の鞍を作る修行のため単身渡米。オレゴン、テキサス、ワイオミングで鞍の制作とリペア、レストアに携わる。近い将来アメリカに永住してレザークラフトを続けることを決めており、本場に挑戦する日本人レザークラフターとして、今、注目を集めている。