「バズる」とは?今さら聞けないその意味とバズる動画の法則

  1. TOP
  2. Column
  3. 「バズる」とは?今さら聞けないその意...

SNSや動画共有サイト等の利用が増えた昨今、「バズる」という言葉をよく耳にする場面があるかと思います。中でも動画をより多くのユーザーに見てもらうために「バズる」動画を作りたいと考える方は少なくありません。当記事では「バズる」の意味をふまえて、バズる動画の共通点や動画をバズらせる具体的な方法について紹介します。

1.「バズる」の意味と語源

日常生活で度々見聞きする「バズる」という言葉には、そもそもどのような意味があるのでしょうか。まずは、「バズる」の意味と語源について紹介します。

「バズる」の意味

「バズる」とは、SNSなどで多くのユーザーから注目を浴びている状態のことを指します。バズることで得られるメリットには、より多くのユーザーにその投稿を見てもらえること、注目を浴びることが挙げられます。例えば、動画共有サイトの動画がバズって話題になると、他のSNSを介して共有され、口コミが広がり、より大勢の人の目に届くようになり拡散されます。動画を見たユーザーがその動画を通じてそのチャンネルに興味をもったり、企業であれば、商品の購入につながることも考えられます。また、広告を使って数万人〜数十万人にアプローチしようとすると多大な費用がかかりますが、投稿した動画がバズった場合は広告費は発生しません。動画をバズらせることができれば、各種のPRに大きく寄与するといえるでしょう。

「バズる」の語源

「バズる」の語源は、英語の「buzz」からと言われています。「buzz」は、蜂が飛び回っている様子を表していて、ひとつの話題にハチが群がっているように、多くの人が集まっていることを示します。SNS登場以前は、多くの人の注目を集めるためには、テレビや雑誌などの媒体を利用する必要がありました。しかしSNS登場後は、口コミをきっかけに多くの人の注目を集めることができるようになったのです。

2.「バズる」動画とは

「バズる」動画には、いくつかの共通しているポイントがあり、これらの共通点を知ることで、バズる動画を制作しやすくなります。バズる動画の共通点を3つご紹介します。

情報が新しい

バズる動画は、情報が最新のものであるケースがほとんどといえます。目新しさ、今までになかった取り組み、新たな視点での考察など、新しい情報にユーザーは反応します。逆を言えば、すでに多くのユーザーが知っている内容の動画は、なかなか視聴してもらえないのが現実です。

話題性・意外性・共感性

情報に、「話題性」や「意外性」、「共感性」があると、動画がバズりやすくなることも分かっています。社会的にトレンドのトピックや話題性のある内容は、より多くのユーザーに投稿を見てもらいやすくなります。ただし、トレンドは流動的で、日によって目まぐるしく変わっていきます。流行っているから取り掛かろう、と思ったときには遅いかもしれません。こまめにチェックするとともに、次に来るであろうトレンドを探していく必要があります。
また、新しいアイデアを紹介したり、これまで一般的だった問題の解決策とは別の方法を提案したりする動画は、バズりやすい傾向にあります。なぜなら、ユーザーがこれまで知らなかった情報を発信することで、価値のある情報として拡散してもらいやすくなるためです。さらに、ユーザーが共感できる要素が含まれているかどうかも、バズる動画要素のひとつです。動画を見たユーザーが、思わず「分かる分かる!」「あるある!」と思える要素を取り入れれば、その動画は多くのユーザーの共感を生み、バズる可能性が高まります。

インパクトがあり分かりやすい

バズる動画を生み出すためには、誰もやっていないことを取り入れて、インパクトを与える演出をすることもポイントです。バズる動画に共通しているのは、感動や驚きなどの強い感情や「最後まで見てみたい」という関心を引き出すパワーがあることです。そのためには斬新なアイデアとオリジナリティあふれる内容を考える必要があります。誰もやっていないことを比較的簡単に編み出す方法として効果的なのが、既存のアイデアの融合です。全く異なるジャンルのアイデアを組み合わせることによって、斬新なコンテンツが生まれやすくなります。企画を検討する際には、一度先入観をなくしてアイデアを出し合うことによって、思わぬ化学反応が見られるかもしれません。バズる可能性のある動画を制作するためにも、頭を柔軟にして、どのようなアイデアも受け入れる好奇心と寛容性を持つように心掛けましょう。

宣伝色が強すぎない

宣伝色があまりにも強い動画は、ユーザーから避けられてしまいます。そのため、動画をバズらせたいのであれば、宣伝っぽさ、広告っぽさを、なるべく排除することを意識した方が良いでしょう。アクセスを集めることに特化したバズる動画と、サービスや商品を宣伝するための動画を分けるなど工夫するのもおすすめです。

3.動画を「バズらせる」ためには

「バズる」の意味やバズる動画の共通点について見てきました。それでは、動画をバズらせるためには、具体的にどのような点に注意すれば良いのでしょうか。ここからは、動画をバズらせるために押さえておきたいポイントについて紹介します。

投稿時間帯を意識する

ユーザーが視聴しやすい時間帯に合わせて動画を投稿することで、「いいね」や「フォロワー」を獲得しやすくなります。主要SNS別のおすすめとされている投稿時間下記となります。

おすすめの時間帯

タイミング

YouTube

18時~20時

帰宅後、就寝前など

TikTok

7時~10時、19時~22時

通学・通勤中や帰宅後など

X(旧Twitter)

7時~10時、12時~13時、20時~22時

通学・通学中や帰宅後、昼休みなど

ただし、最適な投稿時間はターゲットや動画のジャンルによっても異なるため、視聴者の属性を考えて決めることが大切です。また、視聴者数が安定して増加しているようであれば、「毎週〇曜日の〇時」など、固定化するのもひとつの手です。

短くインパクトのあるものに

動画は短くインパクトのあるものにすることで、視聴者の印象に残りやすくなります。さらに、短い動画は隙間時間で見てもらえる可能性も上がります。最近ではTikTokやYouTubeショート動画などの短尺動画が流行していることも大きいでしょう。動画にインパクトを出すためには、テンポ良く飽きがこない展開で、簡潔に伝えたいことをまとめるのが望ましいと言えます。

目を引くサムネイルにする

「サムネイル」とは、タイトルと連動した動画の顔のようなものです。実際に閲覧して確認しなくても、一目で内容が分かるようなタイトル画像となります。インパクトのあるサムネイルは、ユーザーの目に止まる可能性が高いため、動画の再生回数を伸ばすことが期待できます。さらに、動画の内容が分かりやすいサムネイルを設定すれば、視聴者は事前に動画の内容を想像することができ、最後まで動画を見てもらいやすくなります。ただし、スマートフォンで見るとサムネイルの表示は小さいため、文字のサイズやフォントなども考慮して作成することもポイントです。

SNSのシェアボタンを設定

動画をバズらせるためには、SNSでの拡散が欠かせません。拡散させたいコンテンツページ内にSNSのシェアボタンを設置するなど、ユーザーが手軽に拡散しやすい環境作りを行いましょう。また、すぐにシェアしてもらいやすい導線を作ることも重要です。例えば、シェアボタンを設置する際は、下部にひとつ設置するのでなく、複数設置することで、ユーザーがシェアボタンをクリックしやすくなります。

4.動画が「バズる」リスクとは

バズる動画は、メリットに注意が向きがちですが、リスクも理解しておく必要があります。動画が「バズる」ことで考えられるリスクは、主に以下の3つです。

炎上と紙一重

「炎上」とは、批判が集中している状態やネガティブな投稿が拡散されている状態を言います。動画が炎上という形でバズると、ネット上で多くの注目を集められるため、近年ではそれを逆手に取った「炎上マーケティング」と呼ばれるものも存在します。しかし企業があえて計画的に炎上マーケティングを行うことは避けるべき方法です。炎上してしまう原因としては、コンプライアンスの違反や非常識な言動、ステルスマーケティングを行なった、などが挙げられます。
また、動画がバズると特に問題がないコンテンツでも、様々な意見を浴びることになり、批判の的となる場合もあります。どのようなコンテンツでも、バズりを狙うことで少なからず炎上のリスクをはらんでいることを、頭に入れて、最新の注意を払いましょう。

想定とは異なったイメージを持たれる場合もある

動画がバズったときは、ポジティブな情報だけが拡散されるとは限りません。サービスや商品の不満点なども、一緒に拡散されてしまうおそれがあります。また、不適切な内容を含む動画やクオリティの低い動画は、視聴者に悪印象を与えてしまいます。結果的に、想定とは異なったイメージを持たれることも考えられるため、動画を投稿する際は、複数人や第三者の目線も含めて内容をチェックする体制を作り、様々な視点から動画を見直すようにしましょう。

持続させるのが難しい

継続的なムーブメントになりづらいこともデメリットのひとつです。SNSでは、毎日のように様々な投稿がバズっています。ユーザーが注目するトレンドの移り変わりは大変早く、一時的に盛り上がっても、瞬く間に収束することが大半です。SNSを通じて大量のコンテンツが消費される現代においては、物事を深く掘り下げることよりも、次から次へと新しいものを生み出すことが優先されがちです。そういった意味では、動画をバズらせるためには質と量の両方が追求されるともいえます。

5.「バズる」動画で認知度を拡大しよう

今回は、「バズる」の意味や動画をバズらせる方法ついてお伝えしました。動画がバズることで、多くのユーザーに投稿を見てもらえるチャンスが高まります。動画をバズらせるためには、最新情報や視聴者の共感を得られる内容を取り上げることが重要です。しかし、クオリティの高い動画を制作することは決して容易なことではありません。そのため、内製での動画制作が難しいと感じた場合は映像制作会社やに相談、依頼することを検討することもおすすめです。

6.Q&A

Q.確実に動画をバズらせる方法はありますか?

A.前述した通り、バズる動画には、いくつかの共通した特徴があることが分かっています。しかし、不特定多数のユーザーに拡散してもらうことが前提となるため、タイミングや運といった不確定要素も絡みます。そのため、確実にバズらせることは難しいのが現状です

Q.動画をバズらせるためにやってはいけないことはありますか?

A.動画をバズらせることに注力するあまり、差別的な内容や一部の人を否定・批判するような内容を投稿することは得策とは言えません。また、再生回数をお金で買うなどの不正行為は、規約違反に該当してしまい、動画の削除やチャンネルの停止をはじめとする様々なペナルティの対象となります。企業の場合は、信用問題に発展しますのでNG行為です。

Q.動画の再生回数を増やすにはどうしたらいいですか?

A.動画のタイトルやタグを検索されやすいキーワードにするほか、ひと目見て興味を持たれるようなサムネイルにするなど、動画の見え方に工夫するのもひとつの方法です。しかし、バズる動画を制作するためには、最新ニュースやトレンドなどの調査やSNSとの連携など様々な施策が必要となります。

Q.バズる動画の制作を外注することはできますか?その場合の費用はいくらですか?

A.映像制作会社やフリーランスの編集者などに依頼することが可能です。費用については、制作する動画の尺やカット数、対象のサービス・商品などによって大きく異なりますが、一般的には1本あたり20万円〜50万円ほどの費用がかかります。出演者に芸能人や役者などののキャスティングが必要な場合や大がかりな企画などの場合は、100万円~となります。バズる動画を制作したい場合は、内容も重要となりますので、どのような動画を何本程度制作したいのか、継続して続けたいのか、などを考慮したうえで相談をすると良いでしょう。

Q.動画の制作を映像制作会に依頼するメリットには、どのようなものがありますか?

A.プロに動画制作を依頼することで、全て内製で制作をするよりも、構成から編集に至るまでクオリティの高い動画を作ることができます。また、プロが制作した動画であれば、最初から最後まで視聴者を飽きさせないための工夫を凝らした構成も可能です。それにより成果に結びつきやすいため、高いマーケティング効果を期待できます。

Back

CONTACTお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。
弊社サービスに関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、お電話または
お問い合わせフォームより受け付けております。

TEL:03-3406-7021