店舗紹介動画で集客力を高める方法とは?ポイントや事例を紹介!

  1. TOP
  2. Column
  3. 店舗紹介動画で集客力を高める方法とは...

4効果的に店舗の魅力を伝える手段として、店舗の紹介動画を作成し拡散することが挙げられます。店舗紹介動画は、他社との差別化にも有効で、効果的な集客を目指すことが可能です。今回は、店舗紹介動画を制作するメリットや活用シーン、活用事例などを解説します。

 

1.店舗紹介動画の効果

店舗紹介動画は、チラシ広告やカタログなどの紙媒体には無い強みがあります。ここでは、主なメリットを4つ解説していきます。

初めてのお客様も足を運びやすくなる

店舗紹介動画は、初めてのお客様も気軽に足を運びやすくなる効果が期待できます。なぜなら、動画を用いることで、店舗の雰囲気をありのまま伝えられるからです。静止画のみの場合、テキストや写真のみで店舗の雰囲気を想像する必要があります。たとえば店舗の広さや客層などは、写真だけでは伝わりづらく、実際に行ってみたら想像と違ったというケースも少なくありません。
しかし動画であれば、店舗の様子をそのまま映像として伝えることが可能なため、店内の雰囲気をイメージしやすくなります。また、店舗の雰囲気がわからないと店舗に足を運びにくいといったユーザーに対しても、安心感を与えることができ、来店を促す一手となるでしょう。そのため、店舗紹介動画は、新規顧客獲得に効果的な手段といえます。

手軽に多くの情報を伝えられる

店舗紹介動画は、映像で多くの情報を伝えることが可能です。この理由は、静止画やテキストに比べて、動画で伝えられる情報量は圧倒的に多いからです。動画の持つ優れた情報伝達能力は、テキストと比較した場合、画像は7倍、動画はなんと5,000倍もの情報を伝えることが可能という報告例もあります。
また、静止画と異なり、動画はスクロールやクリックなどのアクションも不要なため、ユーザーはストレスフリーで情報を入手できる点も強みです。店舗への道案内や駐車場などの細かい情報も、動画であればスムーズに伝えられます。そのため店舗紹介動画は、情報伝達力という面でも非常に優れています。

集客のターゲット層が広がる

店舗紹介動画は、集客のターゲット層の拡大にも効果的です。なぜなら、動画は​​SNSと非常に相性のいい集客ツールであるからです。たとえばX(Twitter)やFacebookなど、SNS上にアップした動画は拡散を期待できるため、拡散に成功できれば集客数のアップも見込めます。また、日本語のわからない海外の人にも、動画の活用で言葉の壁を超えて情報を届けられる点も強みです。そのため、店舗紹介動画は地域や国を超えてアプローチできることから、集客したいターゲット層の拡大が期待できるでしょう。

様々な媒体での流用ができる

店舗紹介動画は、多くの媒体に活用することが可能です。近年のスマートフォンの普及により、Webサイトを始め、X(Twitter)、YouTubeなどで手軽に動画を視聴できるようになったからです。そのため、一つの動画で複数の広告媒体に活用できることから、より広く宣伝でき、効果的な集客が期待できるでしょう。

2.店舗紹介動画の活用シーン

店舗紹介動画は、あらゆるシーンに活用できます。ここからは、具体的な活用シーンと特徴を解説していきます。

ホームページ

自社のホームページでは、テキストや画像を用いて店舗の紹介が可能です。そこに店舗紹介動画を加えることで、より具体的にイメージしてもらいやすくなるでしょう。なお、最近の傾向では、パソコンよりもスマートフォンから検索されるケースが一般的です。そのため、店舗紹介動画を制作する際は、スマートフォンで視聴されることを考慮した動画設計にしておくとより効果的です。

Web広告

Web広告とは、ブログやSNS(YouTubeやInstagramなど)などのWeb上に掲載できる広告のことです。Web広告のメリットは、年齢層や性別などのターゲットを細かく設定して配信できる点です。店舗に興味を持ちそうな顕在層に向けてアプローチできるため、集客力の増加が見込めるでしょう。

SNS

InstagramやFacebook、YouTubeなどに店舗紹介動画を用いる方法です。SNSは拡散性も高いことから、上手に活用できれば効果的な集客を狙えます。なお、各SNSでユーザーの特性が異なるため、ターゲット層に合わせて適切なSNSを選定することが大切です。

口コミサイト

口コミサイトに店舗紹介動画を掲載する方法です。飲食店であれば食べログやぐるなび、ホテルであれば楽天トラベルやじゃらんなどが挙げられます。口コミサイトによっては、直接予約できたり、クーポンを配信できたりなどの機能が搭載されていることもあるため、集客につなげやすい点がメリットです。ただし、ネガティブな口コミがあると、かえって効果がマイナスになるリスクもあります。

サイネージ広告

サイネージ広告とは、屋外や店頭などでディスプレイ(デジタルサイネージ)を使ってデジタルに広告配信する仕組みのことです。サイネージ広告はアイキャッチ効果が高く、通行人の目に留まりやすいという特徴があります。そのため、サイネージ広告に店舗紹介動画を掲載することで、来店してもらえる範囲に住んでいる人へのアプローチが可能です。

地図アプリ/サイト

Google Mapなどの地図アプリに動画を掲載することも、集客に効果的な方法の一つです。地図アプリ・サイトではキーワードと場所を組み合わせて検索できるため、ユーザーが関心の高いエリア内で検索ニーズに沿った店舗の情報を受け取れます。このときに動画が掲載されていれば、ユーザーは再生してくれるかもしれません。魅力的な動画であれば、ユーザーは「近くにあるなら行ってみたい」と感じ、集客の機会を得られるでしょう。また、地図アプリに店舗情報を充実させると、Googleマップ上で自店舗の検索順位を上げる「MEO対策」にも効果的です。集客はさまざまな方面からアプローチすることが大切であるため、地図アプリの活用も有効な手段です。

3.店舗紹介動画制作のポイント

店舗紹介動画を制作する際は、視聴者の興味を引く動画に仕上げることが大切です。ここからは、意識したい4つのポイントを解説していきます。

なるべく短い尺での制作を意識する

動画の長さは、短い尺画が望ましいです。長過ぎる動画は視聴者に飽きられやすく、最後まで視聴してもらうことは難しくなります。近年では、TikTokのような短尺の動画が好まれる傾向も無視できません。SNSは、30秒を超えると早々にスキップされることが多いです。ストーリーよりも、冒頭や短い時間でインパクトを残すことを意識してみましょう。

情報を厳選する

短い尺の動画を制作することに関連して、情報を厳選することも大切なポイントです。情報を詰め込みすぎてしまうと動画は長くなる上、ポイントが無いと視聴者の印象に残らない、ということもあります。必要最低限の情報として、以下の要素を盛り込んでおくと良いでしょう。

  • どのような店舗なのか
  • どのような人におすすめなのか
  • アピールできるポイント(他との差別化)
  • 店舗の所在地や駐車場などの情報

伝えたいことは何なのかをよく吟味して、絞り込んだ上で企画・構成を練りましょう。

臨場感のある動画内容にする

臨場感のある動画内容を意識することも重要です。リアル感や臨場感を伝えられるのは、静止画にはない動画ならではのメリットです。たとえばスタッフの紹介やバックヤードなど、普段ユーザーが見聞きできない部分を伝えられます。グルメの場合は、シズル感もプラスした表現も可能です。このように、動画ならではの特性を活かすことで、よりサービスや商品を魅力的に見せられるでしょう。

企業(ブランド)イメージと合った雰囲気の動画にする

ブランドのイメージにマッチした雰囲気の動画にすることも、欠かせない要素です。イメージに沿わない内容にしてしまうと、狙ったターゲットに刺さる内容に仕上げることが難しくなります。落ち着いた雰囲気を伝えたい場合、BGMも似たイメージの曲を選んだり、ナレーションを入れる場合は低めのトーンにしたりなど、演出を工夫してみましょう。

テロップを入れる

店舗紹介動画は、テロップの挿入も重要なポイントです。ユーザーは電車やバスなどの移動中に、スマートフォンの音量をミュートした状態で視聴するユーザーが非常に多いからです。こうしたユーザーにも、しっかりと情報を伝えられるようにするには、テロップを効果的に使う必要があります。しかし、最初から最後までテロップを入れることは、何が重要なのか伝わりにくく、手間もかかる作業になります。動画で伝えたい情報を整理し、優先順位の高いものからテロップを挿入することが大切です。

4.店舗紹介動画の事例

実際に動画でどのように店舗を紹介したら良いのか、具体的なイメージがわかないという人も多いかでしょう。最後に、参考にしたい店舗紹介動画を3つ紹介します。

【YouTube】愛知トヨタ

愛知県のトヨタ自動車の販売ディーラー「愛知トヨタ自動車株式会社」のYouTubeチャンネルでは、店舗ごとに紹介動画を公開しています。店舗の周辺施設や店内にある施設、実際に働いているスタッフの雰囲気をテロップとともに紹介しています。また、いずれの動画も2分以内の短い尺で収められており、BGMで明るい印象を与えている点も特徴的です。なお、愛知トヨタの公式X(Twitter)でも、さまざまな動画を効果的に取り入れています。

【Facebook】ANA Japan

全日本空輸ANAの空港内・機内でのコロナ対策に関する紹介動画です。約3分間の動画では、新型コロナウイルスへの対応について社長自らの言葉で届けており、視聴者に安心して乗れることを訴求しています。また、どのような感染対策を行なっているのか、映像を用いて具体的に見せることで、より安心感を与える工夫をしている点も特徴です。Facebookに寄せられたコメントに対して「いいね」で反応するなど、視聴者とのコミュニケーションを図っていることもわかります。

【TikTok】焼き鳥どん

東京にある焼き鳥屋「焼き鳥どん」では、オーナー自ら店内でエンタメ性のある動画をTikTokで配信しています。メニューや店舗の紹介動画だけでなく、バイトあるある動画などのコンテンツも発信しており、多くの動画がバズっています。メジャーリーガーのダルビッシュ有投手が「焼き鳥屋なら焼鳥どんに行きたいです」と投稿するほど、その知名度は海を超えて存在が知られる人気ぶりです。大手チェーン店でない飲食店でも魅力的な動画を投稿することで、認知度を拡大できることがわかる事例です。

@higakiyakitori

@なかっさんと田辺 #シフト #バイト #居酒屋 #あるある

♬ オリジナル楽曲 – 焼鳥どん日垣兄弟 – 焼鳥どん日垣兄弟

5.店舗の魅力を最大限に伝え集客UP!

集客の効果を最大限に引き出すには、店舗紹介動画は効果的な手段の一つです。今回解説したポイントを参考にしてみてください。注意点として、動画のクオリティは店舗イメージにも直結するため、動画の内容や構成をしっかり練る必要があります。動画制作が得意な人材がいない、手早く効果の高い動画を制作したいという企業は、動画制作会社への依頼も検討してみましょう。

6.Q&A

Q.店舗紹介動画はどのSNSで掲載したら良いですか?

A.ターゲット層や各SNSやの特性に合わせて選びましょう。たとえばZ世代に向けて発信するのであれば、若年層の利用者が多いTikTokやInstagramがおすすめです。ビジネスマンや30〜50代の大人の世代をターゲットにする場合は、Facebookを選ぶなど、コンテンツを届けたい層がどのような人物なのかによって分ける必要があります。

Q.店舗紹介動画を制作会社に依頼する場合、いくらぐらいかかりますか?

A.動画の尺や内容によってかなり差があります。目安としては、撮影なしの場合は10〜30万円、1日の撮影で済む場合は30〜80万円、数日間密着する場合この限りではありません。見積書を依頼してみましょう。

Q.制作会社に依頼する動画制作費用を抑えるコツはありますか?

A.以下のような方法があります。

  • 動画の企画・構成案を固めておく
  • 動画素材や台本を自社で用意する
  • フリー素材を活用する

企画や構成案、素材の準備など、自社でできそうなところは用意し、制作会社の工数をなるべく減らす工夫をしてみましょう。

Q.複数の制作会社から見積書を取る際に注意するポイントは何ですか?

A.見積書の価格だけで判断しないことです。見積書が安くても、修正に関する費用などが追加になるなど、あとから発生する費用があるかもしれません。また、安い制作会社の場合、極端にクオリティが低くなる可能性も考えられます。制作の内容や追加費用の発生については確認してから依頼をしましょう。

Q.店舗紹介動画を制作する手順を教えてください。

A.以下の手順で制作します。

  1. 目的・ターゲットの設定
  2. コンセプト・構成作成
  3. 動画撮影(必要な場合)
  4. 動画編集

とくに最初の目的・ターゲットの設定は非常に重要です。目的やターゲットがブレてしまうと、動画のメッセージ性が弱くなり、ユーザーは何を伝えたいのか理解できず、効果的な集客は期待できません。そのため、最初のステップはよく吟味して設定しましょう。

Back

CONTACTお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。
弊社サービスに関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、お電話または
お問い合わせフォームより受け付けております。

TEL:03-3406-7021