IR動画とは?企業が株主総会や決算説明会用に制作するメリットを解説

  1. TOP
  2. Column
  3. IR動画とは?企業が株主総会や決算説...

IR動画とは、企業の事業内容や今後の経営計画の見通しを伝える動画です。当記事では、IR動画の必要性やメリット、IR動画制作のポイントについて解説しています。IR動画の事例についても紹介しているので参考にしてみてください。

1.IR動画とは?

まず、IRの定義や企業がIR動画を導入する必要性について確認していきましょう。

IRとは

「IR(インベスター・リレーションズ)」とは、企業が株主や投資家に向けて、会社の経営状況や財務状況、業績動向などを発信する広報活動のことを指します。IRの具体的な活動内容には、ホームページ上における情報の開示や企業説明会の開催などがあります。どうしてもデータ中心となる情報となるため、企業の姿勢や想いが伝えにくいことから、こうしたIR活動にプラスして動画を制作するケースが増えてきています。

IR動画を導入する必要性とは

IR動画は、正確なデータとあわせてユーザーから企業への信用や共感を生む材料となるでしょう。ユーザーに会社の現状を正しく理解し、信頼してもらうためには、企業情報の開示や企業戦略をわかりやすく伝えることが必要です。しかし、このような内容は複雑かつ分量が膨大なため、分かりにくさを招いていました。一方で、動画であれば情報を網羅的にまとめることができ、正しく理解を促すとともに、企業の想いも伝えることができます。

2.IR動画のメリット

IR動画のメリットは、主に「業績報告・事業理解をわかりやすく」「企業のブランディング、信用度の向上」「決算発表に参加できなくとも内容の確認が可能」の3つです。ここでは、IR動画のメリットについて詳しく紹介します。

業績報告・事業理解をわかりやすく

IR動画を制作することで、複雑な事業内容や決算の概要を視覚的かつ聴覚的に分かりやすく伝えることが可能です。 特に、決算報告は数字が羅列するため、テキストや画像だけでは理解しにくく、実際に会場で聞いていても退屈に感じてしまうことも珍しくありません。 しかし、グラフの伸長をアニメーションで見せたり、その効果を映像で伝えるなどの演出を盛り込んだIR動画を活用することで、業績状況の理解とそれに対する企業の姿勢などを感覚的に理解しやすくなります。

企業のブランディング、信用度の向上

紙媒体では、業績や事業内容などを伝えられても、企業の姿勢や将来的なビジョンまでは伝えることはできません。一方、IR動画であれば企業の姿勢や、例えば、それによって生まれる顧客の笑顔や社会的な貢献などのイメージを映像で伝えることができます。これにより企業の姿勢に共感が生まれ、将来性なども感じてもらうことができます。これは株主や投資家の訴求できる点でもメリットです。

決算発表に参加できなくとも内容の確認が可能

制作したIR動画を自社のサイトに掲載することで、決算発表に参加できない人でも、企業の姿勢を確認できます。これから企業に投資したいと考えている人へのアピールにもなりますし、就職希望者なども視聴の可能性がありますので、総じて企業ブランディングの一助になるでしょう。

3.IR動画の事例

ここからは、実際にIR動画を導入している企業の事例をいくつか紹介します。ぜひ、自社のIR動画を制作する際の参考にしてみてください。

リコー 企業紹介 コンセプト映像

「株式会社リコー」は、事務機器、光学機器などを製造するメーカーです。オフィスにおける様々な「働く」をフォローしてきた企業であることを過去、現在、未来のおいてアピールする内容となっています。企業の姿勢を明確に表現し、これからこうしていきたい、という想いを強く感じる内容となっています。

フェローテックホールディングス IR 事業紹介動画 2020

半導体関連製品を製造・販売する「株式会社フェローテックホールディングス」の事業紹介IR動画です。動画の冒頭は、会社設立時の秘話から始まり、そこから現在に至るまでに企業としてどのような成長を遂げたのか紹介しています。さらに、動画は実写とCG、アニメーションを組み合わせて、情報に応じて効果的に表現方法を使い分けています。特に、一般ユーザーがイメージの掴みづらい工業部品に関するシーンでは、パーツごとの名称や特徴についても、CGを用いて分かりやすく解説しており、これにより、自社が製造する商品の強みや製造現場環境が伝わってきます。


ポラスグループ会社案内ムービー

住まい価値創造企業として住宅に関わる「ポラスグループ」の会社紹介動画です。アニメーションとインフォグラフィックを効果的に利用し3分で会社のことがわかるようになっているのがポイントです。決算報告の冒頭に放映することにより、企業姿勢やブランドイメージが伝わります。また会社紹介動画として考えれば、IR用としてだけでなく、様々な用途で使用可能な作りです。

4.IR動画制作時のポイント

ここまで、IR動画の概要やメリットについてお伝えしました。それでは、実際にIR動画を制作する際はどのような点に注意すれば良いのでしょうか。ここでは、IR動画の制作において重要なポイントをまとめました。

IR動画の活用目的を明確にする

まずは、IR動画の制作に取り掛かる前に、その目的を明確にします。なぜなら、IR動画を制作する際は、動画によるゴールを明確にして制作を進めることが大切なためです。IR動画を制作する目的には、以下のような内容が挙げられます。

【目的例】
・経営状況や業績などの財務情報を明示して、株主や投資家の継続的な投資を促したい
・企業姿勢や社会貢献活動の取り組みを知ってもらいたい

上記の目的によっても動画の内容や動画のトーンなどは大きく異なります。明確なゴールを持っていないと内容を詰め込みすぎたり、アピールポイントにもブレが生じることにつながります。

ターゲット層を限定しすぎない

ユーザーの年齢層は、幅広いものです。実際に現代では投資が一般化したこともあり、老若男女を問わず、さまざまな人々が投資を行っています。そのため、IR動画の内容は、幅広いターゲット層に向けたものにする必要があります。特定のターゲット層の人にしか理解できない表現や専門用語は避け、誰でも分かりやすい内容にすることをおすすめします。

過剰にならない程度のストーリー性や演出を入れる

IR動画では、内容が分かりやすいことはもちろん、最後まで興味を持続したまま試聴してもらうことも重要です。決算報告や事業説明などをしっかりと伝えたい場合は、どうしても堅苦しい内容になってしまいがちです。せっかく動画を制作しても途中で飽きてしまい、離脱しては意味がありませんし、企業に対しての興味を失ってはマイナスとなります。最後までしっかり試聴してもらうためにも、過剰にならない程度のストーリー性や演出を入れて、クオリティの高い動画に仕上げましょう。数値やグラフをアニメーションで演出したり、インフォグラフィックでわかりやすく表現したり、ドラマ風の演出を入れるなど、手法は様々です。動画の構成や長さと合わせて、しっかりと練ることが大切です。

透明性のある情報を伝える

IRは、企業の経営状態を詳細に示す場でもあります。演出を過度に行い、真実をゆがめてはいけません。ネガティブな要素に関しても真摯に向き合う企業姿勢をアピールし、その改善に対しての将来展望を示すことが大切です。

5.質の高いIR動画で企業拡大を

今回はIR動画のメリットや事例、制作のポイントついてご紹介しました。企業のIR活動において動画を活用する重要性は、年々高まっています。IR動画を活用することで、ユーザーから信頼を得やすくなるほか、会社の魅力を伝えられるといったメリットを享受できます。それだけに構成や演出も重要となります。IR動画制作を得意とする映像制作会社に相談し、じっくりと時間をかけて制作することがおすすめです。

6.Q&A

Q.IR動画は、どこで活用することができますか?

A.IR動画は、自社ホームページのほか企業説明会などのシーンでも利用できます。また、制作したIR動画は、広報・プレリリースなどにも役立てられます。

Q.IR動画のメリットには、どのようなものがありますか?

A.IR動画の最大のメリットは、事業内容や業績などの複雑な情報を分かりやすく伝えられる点にあります。補足資料なども活用して情報を網羅的にまとめれば、より多くのユーザーから理解や信頼を得られるでしょう。さらに、テキストでは伝わらないビジョンや想いなども伝えられるため、ブランディングにも大きく寄与します。

Q.IR動画のデメリットには、どのようなものがありますか?

A.クオリティの低いIR動画は、視聴者の理解を得づらく、企業ブランディングにマイナスイメージを与えることもあります。動画の長さや構成、演出などしっかりと練り、時間をかけて制作しましょう。そのためには内製よりも動画制作会社へ相談をすることがおすすめです。

Q.IR動画は自社で制作できますか?

A.基本的に、各種資料や撮影機材などが揃っていれば、自社でIR動画制作を内製することができますが、動画のクオリティが企業の顔になることからプロに依頼することをおすすめします。予算等に応じて撮影やアニメーション手法などを提案してくれますので、相談してみましょう。

Q.IR動画の制作を外注した場合の費用相場が知りたいです。

A.動画の内容や尺によっても金額に違いがありますが、一般的には100〜300万円程度が相場です。撮影日数や演出手法により幅が大きくなります。作りたい内容を動画制作会社へ相談し見積りを依頼してみましょう。

Back

CONTACTお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。
弊社サービスに関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、お電話または
お問い合わせフォームより受け付けております。

TEL:03-3406-7021