シネマグラフの作り方を解説。アクセントになる動く静止画とは?

  1. TOP
  2. Column
  3. シネマグラフの作り方を解説。アクセン...

シネマグラフは広告やウェブコンテンツ、SNSなどで広く使用されています。目を引く映像効果と独自の表現力を持つシネマグラフは、視覚的なメッセージを効果的に伝える手段です。この記事では、ビジネスでシネマグラフを活用する方法を紹介します。

1.シネマグラフとは何か

シネマグラフとは、静止画と動画を組み合わせた特殊な映像表現です。通常の写真とは異なり、一部の要素が動き続けることで、まるで静止画の中に動きがあるかのような効果を生み出します。シネマグラフは鮮やかな映像を作り出すだけでなく、物語を表現する力も持っています。昔は専門的な知識や高度な技術が必要でしたが、現在ではさまざまなソフトウェアやアプリケーションを利用し手軽にシネマグラフを作成することができるようになりました。写真と動画を組み合わせることで、静止画だけでは表現しきれないリアルな映像を作り出すことができます。

2.シネマグラフの特徴

シネマグラフは、写真と動画を組み合わせた特殊な映像表現です。静止画の中に動きを取り入れることで、まるで時間が止まったかのような不思議な効果を生み出します。この独特の映像表現は、視覚的な魅力と物語性によって、人々の心を引きつけます。

①目を引きやすい

シネマグラフは、静止画の中に動きを取り入れることで、視覚的なインパクトを与えます。目に留まりやすく、テキストや画像のみの場合に比べて注目度が高くなります。

② 周囲のデザインの邪魔にならない

シネマグラフは静止画と動画の融合であり、デザインとの調和を重視しています。そのため、周囲のデザインやレイアウトを損なわずに組み込むことができます。

③制作コストが低い

シネマグラフは専門的な知識や高度な技術が必要なく、ソフトウェアやアプリケーションを利用し簡単に作成できるようになったことで、内製も容易です。動画制作に比べて非常に安価で制作ができます。

④ファイルサイズも抑えられる

シネマグラフは静止画と動画を組み合わせることから、動画に比べると大幅にファイルサイズを抑えることができます。これにより、ウェブサイトやSNSなどでの共有においても負荷を軽減できます。

⑤鮮やかな映像効果

シネマグラフは色彩豊かな映像や動きのある要素を組み合わせることで、視覚的なインパクトを与えます。これにより、静止画では表現しきれない魅力的な映像を作り出すことができます。

⑥物語性を表現できる

シネマグラフは静止画と動画の融合という特性を持ち、物語性を表現するのに適しています。瞬間を切り取るだけでなく、ストーリー性や感情を伝えることも可能です。これにより、視聴者に印象を残すことができます。

⑦広範な活用分野

シネマグラフは広告やウェブコンテンツ、SNSなどで幅広く活用されています。広告業界では、商品やサービスの魅力を引き立てるためにシネマグラフが使用されます。また、ウェブコンテンツやSNSでは、ユーザーの関心を引くためにシネマグラフが活用されます。特にSNSでは、自己表現や情報発信の手段として、シネマグラフが人気を集めています。

以上がシネマグラフの特徴です。これらの特性により、シネマグラフは魅力的な映像を作り出し、視覚的なメッセージを効果的に伝える手段として用いられています。シネマグラフは、目を引く映像効果と独自の表現力を持ち、手軽に作成できることから幅広く使用されています。

3.シネマグラフの活用シーン

Webサイト

シネマグラフは、静止画と動画を組み合わせた新しい形式のコンテンツです。Webサイトでは、シネマグラフを使用することで、より魅力的な視覚効果を生み出すことができます。例えば、商品の紹介ページやブランドのストーリーにシネマグラフを活用することで、ユーザーに鮮烈な印象を与えることができます。さらに、シネマグラフを背景に使用することで、ウェブサイト全体の雰囲気を一層引き立てることも可能です。シネマグラフの活用は、ウェブサイトの魅力を向上させるだけでなく、ユーザーの滞在時間やコンバージョン率の向上にも貢献します。

広告やマーケティング

広告やマーケティングの分野では、シネマグラフを使用することで、商品やサービスの魅力を効果的に伝えることができます。シネマグラフは一瞬の状況や動きを切り取るだけでなく、ストーリー性や感情を表現することもできるため、視聴者に深い印象を与えることができます。

SNS

SNSとシネマグラフは相性が良く、活用されています。まず、SNS上でのシネマグラフの活用方法として、ストーリー性のあるコンテンツを作成することが挙げられます。シネマグラフは、一部の要素が動き続けることで静止画に動きを加えます。この特徴を活かして、物語性のあるシネマグラフを作成し、ユーザーに感情やストーリーを伝えることができます。例えば、旅行の思い出をシネマグラフにすることで、その場面の雰囲気や感動をより鮮明に再現することができます。
また、SNS上でのシネマグラフの活用方法として、ブランドや商品の魅力を引き立てることがあります。商品の紹介やプロモーションにシネマグラフを使用することで、商品の特徴や使い方をより鮮明に伝えることができます。例えば、ファッションブランドのシネマグラフでは、商品のデザインや素材の質感を動きを通じて表現することができます。さらに、SNS上でのシネマグラフの活用方法として、ユーザーエンゲージメントの向上があります。シネマグラフは目を引く映像効果と独自の表現力を持っているため、ユーザーの関心を引きやすくなります。ユーザーは、シネマグラフに興味を持ち、コメントやシェアなどのアクションを起こす可能性が高まります。

イベント

イベントでは、シネマグラフを使用することで、会場の雰囲気や商品の魅力を引き立てることができます。シネマグラフを展示ブースやステージの背景に使用することで、来場者に強い印象を与えることができます。例えば、商品の特徴や使い方を動きを通じて表現することで、来場者に商品の魅力を実感してもらえます。さらに、シネマグラフはイベントのストーリーテリングにも活用することができます。展示物やプレゼンテーションの一部に動きを持たせることで、来場者により深い印象を与え、イベントの成功に貢献することができます。たとえば、シネマグラフを使用して、商品の開発過程やブランドのストーリーを伝えることができます。さらに、SNSと連携することで、イベント会場でのシネマグラフ撮影や、事前に作成したシネマグラフのシェアなどを通じて、イベントへの関心を高めることができます。さらに、イベントの公式アカウントやハッシュタグを使用して、参加者がシネマグラフをシェアすることも促進できます。これにより、より多くの人々にイベントの魅力を伝えることができます。

メールマガジン

メールマガジンにシネマグラフを組み込むことで、読者の注意を引きつけることができます。シネマグラフを使用することで、商品の使い方や特徴を動画で分かりやすく説明することができます。また、シネマグラフを使用することで、メールの内容をより鮮烈に印象づけることができます。読者は、シネマグラフに注目を集めることで、メールに対する興味を高めることができます。さらに、シネマグラフをメールマガジンのヘッダーやフッターに配置することで、ブランドのアイデンティティを強化することもできます。

4.シネマグラフの作り方

シネマグラフは、スマホアプリを使用することで、素早く作成することができます。アプリには、静止画の一部が動き続ける効果を与えるためのツールや機能が備わっています。

①動画素材の収集と読み込み

最初に、シネマグラフに使用する動画素材を収集し、読み込みます。自分で撮影した動画を使用するか、オンラインで入手できる素材を見つけて使用することができます。素材は、シネマグラフのテーマやコンセプトに合ったものを選ぶことが重要です。

②静止画レイヤーの作成

編集ソフトを開き、動画素材をインポートします。シネマグラフの静止画レイヤーとして使用するフレームを選びます。このフレームは、シネマグラフの基本的な構図を捉え、アニメーションの要素の基盤となります。また、背景や要素の配置にも注意して選びましょう。

③レイヤーマスクの作成

編集ソフトのツールを使用して、アニメーションが発生する領域を定義するレイヤーマスクを作成します。これにより、アニメーションを適用したい動画フレームの特定の領域を選択し、静止画レイヤーにマスクを適用します。マスクの精度や領域の選択には注意を払い、滑らかな遷移を作り出しましょう。

④動かす箇所の再生時間を調整

シネマグラフ内でアニメーションされる要素の再生時間と速度を調整します。これは、動画素材内の選択した領域の再生時間を調整することで行います。異なる再生時間と速度を試して、目的の効果を得ることができるようにしてください。また、イージングやトランジションを使って滑らかな動きを作り出すことも大切です。

⑤エフェクトやフィルターの追加

シネマグラフにさらなる魅力を加えるために、エフェクトやフィルターを追加することもできます。色調補正やエフェクトの調整を行い、シネマグラフに特別な雰囲気や表現を与えましょう。ただし、過剰なエフェクトやフィルターは逆効果になることもあるため、適度な使用に注意しましょう。

書き出し

シネマグラフが完成したら、最終的な構成を書き出します。シネマグラフのビジュアルクオリティを損なわずに、ファイルサイズを最適化するように注意してください。適切な解像度やフレームレートを設定し、ファイルのサイズを小さくすることで、ウェブ上での共有や表示の効率を高めることができます。

これらの手順を参考にして、独自で魅力的なシネマグラフを作成してみてください。アイデアやテクニックを試して、自分だけの個性を表現しましょう。

5.シネマグラフ制作のポイント

シネマグラフを制作する際には、以下のポイントに留意することが重要です。

定点カメラで動画を撮影する

定点カメラを使用することで、被写体が動いたり、カメラが動いたりすることなく、静止画のような効果を得ることができます。これにより、シネマグラフの特徴である一部の要素が動く映像効果を生み出すことができます。また、カメラの設置場所やアングルを工夫することで、より魅力的な視覚効果を演出することができます。さらに、複数の定点カメラを使用して、被写体を異なる角度から撮影することで、より立体的な映像を作り出すこともできます。

動画の継ぎ目をなめらかにする

継ぎ目が目立ってしまうと、シネマグラフの魅力が損なわれますので、注意が必要です。編集ソフトを使用して、動画の継ぎ目を滑らかにつなげることで、より自然な映像を作り出すことができます。トランジションやフェードイン・フェードアウトの効果を使って、継ぎ目を目立たせないように工夫しましょう。また、継ぎ目のない連続した動きを作り出すために、撮影時にトラッキング技術を活用することも有効です。さらに、動画の継ぎ目を意図的に活かして、ストーリーテリングや効果的な映像表現を行うことも考慮しましょう。

動く箇所を目立つようにする

シネマグラフは、静止画の中で一部の要素が動いていることが特徴です。その箇所を鮮明にすることで、より魅力的な作品に仕上げることができます。編集ソフトを使用して、動く箇所にエフェクトや色調補正を加えることで、視覚的なメッセージを効果的に伝えることができます。さらに、動く箇所の速度やリズムを調整することで、より引き込まれるような映像を作り出すことができます。また、被写体の動きをよりダイナミックにするために、スローモーションやタイムラプスの技術を活用することも有効です。

物足りなければ動画の検討も

シネマグラフは動画の一部を静止画にすることで作られるため、元の動画の内容や長さを工夫することで、より魅力的なシネマグラフを作ることができます。複数の動画素材を組み合わせることや、編集ソフトを使用して動画の一部を切り取ることで、より興味深いシネマグラフを作成することができます。また、音楽や効果音を追加することで、より臨場感や感情を表現することもできます。さらに、映像にテキストやキャプションを追加することで、メッセージをより明確に伝えることができます。さらなるアイデアとして、ストーリーボードを作成して、映像の構成やシーンの順序を計画することもおすすめです。
ですが、シネマグラフでは表現が足りない場合、説明やナレーションなどを入れたい場合などは、通常の動画制作も検討すると良いでしょう。

6.シネマグラフの活用事例

先述したように、シネマグラフは様々なシーンでの活用が可能です。実際にシネマグラフが使用された事例を3つご紹介します。

ピザハット

シネマグラフを用いた海外向けのプロモーション映像となります。画面を止めて静止画飲みで見ると、一見情報量が多くごちゃごちゃしているイメージですが、部分によって動きの速さを変えることで、インパクトがありつつも画面の左右で動く電光掲示板のピザハットのロゴもしっかりと目に入ってくるという効果を出しています。

コカ・コーラ

公式Facebookにおいてのプロモーション映像では、シネマグラフを用いたものがいくつか投稿されています。モーションはありすぎずシンプルなものが多いのですが、その分商品のビジュアルを印象付け、炭酸飲料らしい清涼感が存分に伝わる映像になっています。

UNCHAIN『The Sound Of Silence』

3人組ロックバンドUNCHAINの曲、『The Sound Of Silence』のミュージックビデオではシネマグラフが使用されています。動画と違い単純なモーションが基本となるシネマグラフによって、曲調にあった少しノスタルジーな雰囲気が表現されています。

7.気軽にシネマグラフを制作し、目を惹くデザインに!

SNS上でのシネマグラフの活用方法は多岐にわたります。ストーリー性のあるコンテンツやブランドの魅力を引き立てる方法、ユーザーエンゲージメントの向上など、さまざまな視点から活用することができます。昔は専門的な知識や高度な技術が必要でしたが、現在ではさまざまなソフトウェアやアプリケーションが利用できます。これにより、誰でも手軽にシネマグラフを作成することができるようになりました。SNSを通じて情報発信を行っている方は、ぜひシネマグラフを取り入れてみてください。

8.Q&A

Q.シネマグラフとは何ですか?

A.シネマグラフとは、静止画と動画を組み合わせた特殊な映像表現です。通常の写真とは異なり、一部の要素が動き続けることで、まるで静止画の中に動きがあるかのような効果を生み出します。シネマグラフは鮮やかな映像を作り出すだけでなく、物語を表現する力も持っています。

Q.シネマグラフは、どのように活用できますか?

A.シネマグラフを表示することができるWEBサイト、広告、SNS、イベント、メールマガジンなど、幅広い媒体で活用することができます。

Q.シネマグラフは、どのように制作しますか?

A.シネマグラフは、一般的な動画編集ソフトであれば制作が可能です。今は、技術の発展により、スマートフォンやタブレットなどのアプリケーションでも制作ができ、高い技術がなくても、誰でも簡単にシネマグラフを制作できるようになっています。

Q.シネマグラフの制作のポイントは何ですか?

A.定点カメラで被写体を撮影し、動いている箇所が目立つように動画の継ぎ目をなめらかにします。物足りなければ複数の動画と組み合わせることで、より魅力的なシネマグラフを制作することができます。

Q.シネマグラフ制作をプロに依頼することはできますか?

A.できます。動画制作のプロに依頼することで、シネマグラフをより効果的に活用することができます。予算は、シネマグラフの用途などで変動する場合があるため、一度制作会社に相談、見積をしてもらうのが良いでしょう。

Back

CONTACTお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。
弊社サービスに関するお問い合わせ・お見積もり依頼は、お電話または
お問い合わせフォームより受け付けております。

TEL:03-3406-7021